HOME > 重要なお知らせ一覧 > ペイオフ
インターネットサービスのご案内
かけしんWEBバンキング
  • ご案内
  • ログイン
かけしんWEB-FB
  • ご案内
  • ログイン
かけしんペイジーサービス
  • ご案内
  • ログイン
でんさいネット
  • ご案内
  • ログイン
ローン審査申込
住宅ローン仮審査申込
住宅ローンシミュレーション

ペイオフ

ペイオフって何ですか?

 金融機関が万一破たんした場合、預金者保護を図る制度です。
掛川信用金庫は、長年に亘り健全経営に徹して居りますので、ご安心してお取引いただけます。

ペイオフとは

 金融機関が破たんした場合の預金者保護の方法の一つで、預金者へ「保険金」を支払うことを、「ペイオフ」といいます。
この他に、預金の全額保護という特例措置が終了して、預金のうち1,000万円を超える部分が一部カットされることもあり得る、という意味で使われることがあります。

平成17年4月からの預金保護は

 当座預金、無利息型普通預金のような決済用預金 (1.無利息、2.要求払い、3.決済サービスを提供できること、という3条件を満たす預金)については、全額が預金保険で保護されます。
普通預金(有利息)・別段預金・納税準備預金・貯蓄預金・通知預金・定期積金・定期預金等は合算され、一預金者あたり、一金融機関毎に元本1,000万円までとその利息が預金保険により保護されます。一預金者あたり元本1,000万円を超える預金等は、破たん金融機関の財産の状況により、支払を受けることになります。

預金保険対象商品と保護の範囲

  商品の分類 平成17年4月1日より
預金
保険

対象
当座預金、無利息型普通預金 利息のつかない等の条件を満たす預金(※2)は、全額保護
普通預金(有利息)、定期預金、貯蓄預金、
通知預金、定期積金、別段預金、
元本補てん契約のある金銭信託(ビッグなどの貸付信託を含みます)、
金融債(保護預り専用商品に限ります)など(※1)
合算して元本1,000万円までとその利息等(※3)を保護
(1,000万円を超える部分は、破たん金融機関の財産の状況に応じて支払われます。)
【一部カットされることがあります】
預金
保険

対象外
商品
外貨預金、譲渡性預金、
元本補てん契約のない金銭信託(ヒット、スーパーヒットなど)、
金融債(保護預り専用商品以外のもの)
保険対象外
(破たん金融機関の財産の状況に応じて支払われます。)
【一部カットされることがあります】

なぜ、自己資本比率が向上すると経営が健全になるの?

 貸借対照表でいう資産は、負債と資本の合計と同等となります。負債は、お預りした預金等ですから、先々お客様にお返しする必要があり、他人資本と呼ばれています。
これに対し資本は、誰に返す必要もない自分のものですから、自己資本と呼ばれています。
ですから、金融機関を共通の尺度で計算した資産に対する自己資本の割合つまり自己資本比率が高いと経営が健全だと言える訳です。

自己資本比率の推移

  平成27年3月 平成28年3月 平成29年3月
自己資本(百万円) 34,995 35,950 37,102
自己資本比率(%) 31.40 31.83 32.80
 ※平成26年3月期より自己資本比率の算出基準が変更となりました。

リスク管理債権は、どのような状況でしょうか?

リスク管理債権の内訳

 平成29年3月末のリスク管理債権(不良債権)合計額は、125億1千万円であります。このうち、担保・保証と個別貸倒引当金で保全されている部分が112億8千万円あります。その結果、未保全部分12億2千万円は、自己資本額371億円に対して3.30%となります。

 かけしんでは、経済環境の厳しい中において、堅実な経営を堅持して、リスク管理債権の十分な管理と減少に努力をしております。
万一の貸倒損失に備えて、「担保・保証」に加えて「貸倒引当金」を充分に計上しております。特にリスクの高い破綻先債権、延滞債権は、保全に万全を期しておりますので、ご安心ください。
かけしんは、自己資本比率が平成29年3月末現在32.80%で、資産の健全性も保たれております。これからも堅実経営に一層の努力を重ねて参ります。

利益の推移

  平成27年3月 平成28年3月 平成29年3月
経常利益(百万円) 1,466 1,614 1,586
業務純益(百万円) 2,069 2,249 2,364
当期純利益(百万円) 1,115 1,156 1,227

かけしんは健全です

 ペイオフは、金融機関が万一破たんした場合の預金者保護制度の1つですが、掛川信用金庫の自己資本比率は、32.80%と国内基準4%を大きく上回り、不良債権の保全にも万全を期し適正な収益を確保しております。従って、みなさま方には安心してお取引いただけます。

このページのトップへ